So-net無料ブログ作成
紙の月 映画 ブログトップ

紙の月 映画 [紙の月 映画]

池松壮亮さんが、映画「紙の月」で主演の宮沢りえさんが演じる梅澤梨花の不倫相手で大学生の平林光太役を務める。

「紙の月」は、直木賞作家・角田光代さんの長編小説が原作。心に闇を抱えた女性たちの切実な思いを描き、第25回柴田錬三郎賞を受賞。

紙の月

梨花の勤務先の先輩・隅より子役を小林聡美さん、梨花の夫・正文役を田辺誠一さんが演じ、近藤芳正さん、石橋蓮司さんが出演することも明らかになった。

夫と2人暮らしの平凡な主婦・梨花が、光太と不倫関係になり、契約社員として働く銀行の顧客の金に手を出してしまい、横領が次第にエスカレートしていく。

池松さんは「(吉田)大八監督から呼ばれたからには行かないわけにはいきません。梨花が光太と居た時間が、この映画の光となれるよう頑張ります」と意気込んでいます。

宮沢さんは、池松さんを「年齢を超越して、すごくすてきな俳優さん。少年に見える時と、おじいちゃんに感じる時と、年齢が不詳な感じがあって、何にでも化けられる可能性が毛穴からプチプチと飛び出ている感じが、すごく刺激的です」と絶賛。

「紙の月」は、1月に原田知世さん主演でドラマ化されたそうです。

映画「紙の月」は、2015年の3月中旬にクランクアップする予定。
紙の月 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。